【Photoshop】簡単に光のイルミネーションを表現する方法

【Photoshop】簡単に光のイルミネーションを表現する方法

Photoshopで簡単に「光のイルミネーション」を作り出す方法。
写真にちょっと装飾を加えるだけで1段階上のオシャレな写真に仕上がります。

今回、装飾する元の写真はこれ。
加工前の写真
この写真にアイキャッチ画像のように光を入れいきます。

光の大きさ別にレイヤーを作る

今回は「大・中・小」3種類の大きさで光を作っています。
光をそれぞれ別レイヤーで管理していきます。

①Photoshopで元になる画像を開く
②レイヤーパネルの「新規レイヤーを作成」から3枚の新しいレイヤーを作成する
③新規作成したレイヤーそれぞれに「大」「中」「小」と名前をつける

レイヤーパネル

ブラシツールで光を書き込む

レイヤー「大」を選択し、まずは大きい光を書き込んでいきます。

①ブラシツールで「硬さ:100%」に設定し、任意のカラー・サイズを設定する。
(今回は「カラー:#ffffff」「大きさ:150px」)
②設定したブラシで「レイヤー大」にブラシをポン置いて円を描いていきます。
 ※中・小でも光を置くので、数は少なめがおすすめ

光の淡い感じを表現する

フォトショップのフィルター機能やレイヤー効果を使って、光を表現します。

①「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を設定する。
(今回は15pxに設定)

ぼかしの設定

②「大」レイヤーの設定を「スクリーン」「不透明度:40%」にする。
(不透明度は任意)

レイヤーの設定

淡い光になった!

光の「中」サイズ、「小」サイズの光を書き込む

大サイズと同様に、ブラシ「硬さ:100%」で「中」「小」それぞれのレイヤーに光を書き込みます。
※ブラシサイズは「大>中>小」で小さくなるように。
光の数は「大<中<小」で多くなるように書いていくとイイ感じになる。
(今回は「中」に「大きさ:70px」を設定。「小」に「大きさ:20px」を設定)

光「中」「小」サイズを描く

光を淡い感じに表現する

こちらも大サイズと同様に、「ぼかし(ガウス)」と、レイヤー効果を使用して光を表現します。
※ぼかし(ガウス)のサイズは「大>中>小」の順で小さくしていくほうがいい感じ。
(今回は「中に7.5px」、「小に4px」のぼかしサイズを適用しました。)
※レイヤー効果は「スクリーン」「不透明度:40%」と一緒にしていますが不透明度を変更してもOK!

完成!
完成