【Illustrator】簡単に線を手書き風にする方法

【Illustrator】簡単に線を手書き風にする方法

イラレで書いた線を(クレヨンで書いたような)手書き風に変換します。
簡単に柔らかい雰囲気が出せます。

線の両端や角を丸くする

イラレで線を描いて線幅を太くすると、「線の両端」や「角部分」がカクッとしています。
手書き風ならカクッとしているよりも、マルッとしているほうが可愛い。
ということで、丸くします。

①手書き風にしたい線を選択した状態で、
線ツールから「線端」「角の形状」をまるっこいのに変更

線をまるっこく

パスの変形で「ラフ」の効果を適用させる

①線を選択した状態のまま、「効果」→「パスの変形」→「ラフ」を選択する

「ラフ」を選択

②プレビューにチェックを入れて、オプションとポイントを設定する
※サイズは「入力値」、ポイントは「丸く」にするのがおすすめ
(今回はサイズ2px、詳細8/inchに設定)

ぎざぎざさせる

完成!

今回はゆるゆるした線にしましたが、ポイントの値を大きくすると、クレヨンで書いたような感じにもなります!

クレヨン風