IT企業で働く人にオススメな資格8選!

IT企業で働く人にオススメな資格8選!

IT企業に就職したい、若しくは今働いている人の中に、「どんな資格を取ればいいのかな」「たくさんありすぎてわからない!」と思っている人は多いのではないでしょうか。

今回は「IT企業で働く人にオススメな資格」をご紹介いたします。

どんな種類の資格があるの?

IT系の資格をざっくりと『IT系職種全般』『エンジニア系』『マネージャー系』の3つの分野に分類して紹介していきたいと思います。

IT系職種全般

IT系職種全般では以下の4つを取り上げます。

  • ITパスポート(iパス)
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • G検定(ジェネラリスト検定)

ITパスポート(iパス)

ITパスポート(iパス)は、『ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験』です。

国家資格ではありますが、一般の方でも3か月ほど勉強すれば受かる可能性があり、IT系資格の中では比較的取得しやすい資格です。
このITパスポートを最初のステップアップとして、ほかの資格勉強につなげていくと良いでしょう。
勉強時間の目安:3ヶ月~
【PPFブログ】ITパスポート試験講座~ITパスポートとは?~
【外部リンク】ITパスポート(iパス)公式サイト

基本情報技術者

基本情報技術者は、『情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ人や、プログラム設計書を作成し、プログラム開発、単体テストまでの一連のプロセスを担当する人のための国家資格』です。
テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の各分野から幅広く出題されます。

基礎とは言うものの、ある程度の情報システムの知識や数式が求められるため、エンジニアの方でも半年ほどの勉強が必要となる場合があるでしょう。
勉強時間の目安:半年~
【外部リンク:情報処理推進機構】基礎情報技術者について

応用情報技術者

応用情報技術者は『高度IT人材に必要となる応用的知識・技術をもち、方向性を確立した人を対象にした国家資格』です。
内容としては「基礎情報技術者」と同じですが、かなり高い技術水準が求められます。
勉強時間は基本情報の知識があれば200時間以上、最初から始めるなら500時間(半年)以上はかかるそうです。ゼロベースからの勉強は厳しいものがあるかもしれません。
勉強時間の目安:半年~
【外部リンク:情報処理推進機構】応用情報技術者について

G検定

G検定(ジェネラリスト検定)とは日本ディープラーニング協会が開催している資格です。試験ではAIやディープラーニングに関しての知識や理解が問われます。
AIへの正しい理解はIT企業で働くうえで必要となる場面は大いにあるでしょう。難易度は高めと言われていますが、これからの時代を生きていくには取得しておくといい資格だと思われます。
勉強時間の目安:30時間~
【外部リンク】G検定公式サイト

エンジニア系

エンジニア系では以下の2つを取り上げます。

  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティスペシャリストは、『情報システムの基盤を整備し、専門家として情報セキュリティ管理を支援する人のための国家資格』です。
情報システムや組織に対する脅威や脆弱性(ぜいじゃくせい)を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方はぜひ取っていただきたい資格です。
勉強時間の目安:3ヶ月~
【外部リンク:情報処理推進機構】情報セキュリティスペシャリストについて

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストは、『データベースに関係する固有の技術を活用し、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う人のための国家資格』です。
データベースとは簡単に言うと、「検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり」です。データベースの管理は企業にとって重要な役割となります。この資格を取得していれば就職でも有利となるでしょう。
勉強時間の目安:3ヶ月~(実務経験がある場合)
【外部リンク:情報処理推進機構】データベーススペシャリストについて

マネージャー系

マネージャー系では以下の2つを取り上げます。

  • ITストラテジスト
  • プロジェクトマネージャー

ITストラテジスト

ITストラテジストは、『高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動の特定のプロセスについて、 情報技術の観点から基本戦略を策定・提案・推進していく人を対象とした国家資格』です。
ITコンサルタントとして企業の経営戦略を練っていきたいと考えている方に特にオススメの資格となります。
勉強時間の目安:半年~
【外部リンク:情報処理推進機構】ITストラテジストについて

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャーを目指す方におすすめの国家資格です。
プロジェクト全体計画(プロジェクト計画及びプロジェクトマネジメント計画)を作成し、必要となる要員や資源を確保し、予算、スケジュール、品質などの計画に基づいてプロジェクトを実行・管理するなど、IT企業のマネジメントを目指したい方は取得する必要がありそうです。
勉強時間の目安:50時間~(ただし4500時間の実務経験必須)
【外部リンク:情報処理推進機構】プロジェクトマネージャーについて

番外編

ここで番外編として、技術士とデザイン系の資格をご紹介いたします。
デザイン系では以下の2つを取り上げます。

  • 技術士
  • ウェブデザイン技能検定
  • 色彩検定

技術士

技術士(Professional Engineer)は、『日本の科学技術における最高位の国家資格』です。
「科学技術の最高位」であるため、IT初心者の方にはあまり参考にならない情報かもしれませんが、知識として番外編でご紹介いたしました。
【外部リンク】公益社団法人 日本技術士会

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、『関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問われる国家試験』です。
ウェブサイト作成などウェブデザイナーを目指す方は取得していると有利となるでしょう。
【外部リンク】ウェブデザイン技能検定公式サイト

色彩検定

色彩検定は、色に関する知識や技能を問う試験です。国家試験ではありません。
1級から3級までの3段階に分かれています。ウェブデザイナーやカラーコーディネーターを目指す方にオススメの資格です。
【外部リンク】色彩検定公式サイト

さいごに

いかがでしたでしょうか。
これら以外にも、IT系の資格はまだまだたくさんあります。これからITを学ぶ人も現在祖IT業界にいる人も、自分の理想のキャリアや役職に合ったもの、また自身の能力に合ったものを選んで資格試験に臨んでくださいね!